読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失われた債務整理を求めて

債務整理とは何か?

夫の裏切り2【調査を依頼する決意】

そのフリーペーパーにあった探偵事務所の広告には、パソコンからの問い合わせもできると書いてありました。
私はパソコンからその探偵事務所のHPを探し、問い合わせフォームへ入力をしました。
【順に受け付けて、ご指定の電話へ連絡入れるます。
プライバシー保護のため、個人名で連絡を入れさせていただきます。
連絡可能な電話番号と、ご連絡を差し上げるスタッフは女性か男性かのご希望も忘れずお書き添えください。】
そのように注意書きがありました。

無言電話はその日にも鳴りました。
「だれなの!」そう叫ぶ私の声がヒステリックに響きます。
電話口の向こうからは、笑い袋のような機械的な笑い声が聞えてきます。
「もう辞めて!」
そう言って電話を切るとまた鳴りました。
「しつこいわ!」そう金切り声を上げて電話に怒鳴った私に「どうなさいましたか!奥様ですか?」と女性の声がしました。
私はビックリして「すいません。。。、〇〇です。」と言い直すと、「奥様ですね。〇〇探偵事務所のものです。」そう相手は答えました。
その声を聞いた途端に張り詰めていた気持ちが緩み、私は泣き出してしまいました。
私は自分でも気がつかないうちに、孤立無援のような気持ちになり追い込まれていたのでした。
その電話の声でたった一人の味方を得たような気持ちになって、つい泣いてしまったのです。

 

パートナーの浮気に気づいたら!  調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス

パートナーの浮気に気づいたら! 調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス

 

 

主人は浮気をしていました。
剃刀入りの封筒も無言電話も、全てその相手の女性がしていたことでした。
覚悟は段々と出来てはいたのですが、やはり知ると辛いものです。
探偵事務所からの報告書を夫に見せ「私は別れてもいい」ということを告げました。
夫が開き直ると予想していたのですが、意外なことに夫は私に謝ってきました。
それからというもの夫は人が変わったように優しくなり、私の話もよく聞いてくれるようになりました。

私は、離婚するかどうかまだ決めかねています。
夫の背徳を私が赦せるのか、まだ自分のことが解らないのです。
もし私が探偵事務所に浮気調査を依頼していなければ、夫は私が剃刀封筒や無言電話で苦しんでいるのを叱りつけるばかりで、私を救おうとはしなかっただろうと思うのです。
今夫が優しかったとしても、夫の裏切り行為で傷ついてしまった私の心のバランスは、まだ取り戻せていません。
私の両親の事で夫にキツい思いをさせていたからだと思えるようになるのは、とても遠いことのように感じているのです。

夫の裏切り1【白い封筒と無言電話】

夫は宅配のドライバーです。
近頃は共働きのご家庭も多いですから、必然配達時間が遅くなり、帰宅の時間が深夜に及ぶことは疑う原因にはならないと思っていました。
お中元やお歳暮の時期はもっと遅くなることも暫々で、私の両親の近くに住みたいという私の希望で夫の職場からは随分と離れた場所に家を建てましたから「今日は疲れたから、会社の近くのネットカフェで泊まってくる」という日もあります。
私のために職場から家が遠くなってしまったのですから「申し訳がない」という気持ちも強く、それに対しては何も言えませんでした。

そんなある日、郵便受けに何も書いていない封筒が入れられていました。
「なにかのDMかしら」と封筒を破ると「イタイ!」指に痛みが走りました。
指を見ると何かで切ったような傷があり、赤い血が流れていました。
封筒には剃刀の刃が仕込んであったのです。
「誰がこんな悪戯を。。。」
私は不安になってしまいました。
その日帰ってきた夫にそれを話すと「子供の悪戯だろう」と打合ってくれません。
「疲れているんだからそんな話やめてくれよ。俺だってこんなに疲れたくはないんだぞ。だれの所為だと思ってるんだ。」
そう言われてしまうと私も負い目がありますから、それ以上は言えません。
夫はさっさと寝室へ行き、寝てしまいました。

その日を境に無言電話も増えました。
無言電話ばかりではありません。
電話口で延々とお経のような不気味な声を聞かされることもあります。
剃刀入の封筒は、あの後2通届きました。
「警察に言おうかしら。。。」そう言うと、夫は「今に相手だって飽きるだろう。悪戯に決まってる。」そう言います。
その態度が何故か心に切っかかり「アナタなにか心当たりない?」と訊くと夫は急に豹変し「お前の方こそなにかあるんじゃないのか!」と怒鳴りだしました。
「俺にどうのこうの言う前に、自分の仕事でもしてろ!風呂だって汚れてたぞ!」
そして「警察に言う必要はない。これ以上面倒はゴメンだ!」そう言い捨てると、また寝室へ入っていってしまいました。
その態度に不自然さを感じて、私は「女がいるんじゃないかしら。。。浮気?」そんな疑いを夫に持ち始めました。

 

 


ある日、夫の仕事着を洗おうと夫が脱ぎ捨てた仕事着のポケットに手を入れると、ぐしゃぐしゃに丸められた一枚の紙が出てきました。
貯蓄型の保険から契約者貸付をしたことを示す紙でした。
利用可能額の残額を見ると、随分と引き出しているのでしょう、殊の外少ない。
「なんでこんなにお金が必要なの?」
ますます疑いは膨らみます。
夫にこれを見せて訊こうかとも思いましたが、本当のことを言うとも思えません。
そんな時「ひとりで悩まないで」という文字が目に飛び込みました。
フリーペーパーの探偵事務所の広告でした。
一晩悩みました。
主が浮気をしているなどと考えたくはありません。
となりのベッドに寝ている夫は、イビキをかいていました。
こんなに疲れてるんだもの。。。疑ってはいけないわよね。。。
「け。。。い。。。」
夫の寝言が聞こえました。
人の名前を呼んだ気がします。
私の名前ではありません。
血の気がサーっと引くのが自分でもわかりました。
ガクガクと体が震えはじめます。
夫が私の知らない女の人の名前を呼んだ。。。?
私は寝られずに、そのまま朝を迎えました。

13年目の夫婦2【お互い様】

次の日探偵さんは盗聴器の取り付けに来てくれました。
家の中をぐるっと見まわし、「どこら辺に付けましょうか」と検討していらしたのですが、「あれ、ちょっと奥さん、来て下さい。」そう呼ばれそちらに行くとコンセントの差し込み口が開かれ、そこに見慣れない小さな機械が付いていて、赤いLED がピコピコと灯っていました。
「これ、奥さん、盗聴器ですよ。。。」

私はビックリして「誰が!」と叫んでしまいました。
「これ、ご主人がお付けになった可能性があります。
素行調査の前にこの件を、ご主人にお聞きになったほうがいいのではないですか?
今の時点で当事務所の奥さんへの請求はこの出張費だけですですから。。。」
どうもそうしたほうが良さそうです。
私は「またご連絡します」と探偵さんを見送って、ダンナの帰りを待ちました。

「これどういうこと!!!説明して!」
会社から帰ったダンナに、テーブルの上に置いた盗聴器を見せ問い詰めました。
どうやって話そうかと作戦を立てていたはずなのに、そういう時はやっぱり感情的になるものですね。
子供は塾で帰りが遅い日でしたから、夫婦二人だけです。
ダンナの顔色がサーっと青くなりました。

 

 


「すまない。。。」ダンナは項垂れて話し始めました。
私がパートに出るようになり、今度は日曜日に実家に行くと家を空ける、これが心配だったのだそうです。
「パートに出てから急にまた綺麗になったし、イキイキしているし。。。」
大学時代の友人に探偵になった人がいるようで、その人に相談してその盗聴器を貰い取り付けて頂いたのだそうです。
「調査してもらう金はないし付いて歩く時間もないし、オレがいない間に電話かなんかしてるならそれを聞きたいと思ったんだ。」
「それで日曜日わざわざ長めに出かけたりしてたの?」「そう。。。」

なんてこの男はバカなのだろう、私を疑うなんて!
そう思いながらもダンナが可愛く見えました。
「ほんとにオマエは綺麗になったんだよ。。。不倫していると思ってたんだ。。。」
そう悄気返るダンナに「私もアナタが不倫してると思ってたのよ。」と白状しました。
「オレが?」ダンナが目を丸くするのが可笑しくてうふふと思わず笑うと、ダンナも笑いました。
「ふたりとも不倫を疑ってたなんてね。。。。」そう言うと「オレが疲れて大して相手もしていなかったから、それも申し訳なくてね。。。」とダンナが答えました。

結婚して13年、まだダンナが私を愛してくれているのだなと思うと、暖かいものが心に広がっていきました。
不倫は勘違いでしたが、私が探偵事務所に行ったことは決して間違ってはいなかったと思います。
疑いは勿論晴れましたし、お互いの気持も再確認できました。
もしも盗聴器が見つからなかったにしても、調査をしてもらえば疑いは晴れていたでしょう。

次の休みに菓子折りを持って二人揃って探偵事務所へ、お騒がせしたことの謝りをしにいきました。
探偵さんは「ちょっとしたスパイスでしたね」そう微笑んでくださいました。

その帰り道、久しぶりに手をつないで映画を見に行き、少し遅めのランチをとりました。
「このぐらいの贅沢、時々しようね。」
二人で公園を歩きながら家路につきました。

13年目の夫婦1【ダンナがおかしい!】

ダンナの様子がおかしい!」
女というのは勘がいいものだと昔から言いますから、長年連れ添っている私が「おかしい」と思えば絶対におかしいのです。
休みの日もいそいそと出掛けます。
「8時までは帰らないよ。」などと、今までは自分からそんなことを言って出掛けたたことなどなかったのに。
以前は私から訊かれて「うん、多分3時間ほどで帰ってくるよ。」としぶしぶ答える、そんな感じでした。
行き先も「どうせパチンコでしょう」とタカをくくっていましたし、その通りパチンコ屋しか彼が行くところはありません。
勝った時には近くのスナックへ飲みに行く、そのぐらいのもんです。
どうせ帰りは私に電話を入れ「迎えに来てくれ」と頼むに決まってましたし。
それにもっとおかしいのは、私が実家の両親の世話で終日家を開けるときがあるのですが、その時はどうも家にいるようなのです。
誰かが来ていたような気配もありました。
「おんな?」
結婚して今まで、持ったことがない疑いを抱き始めました。

 

 

「ちょっとウチのダンナ、不倫でもしてるんじゃないかしら。。。」
ご近所の友人に話すと「うっそでしょ?ダンナさん、真面目じゃない!」と本気にしてくれません。
「だってね、言いにくいけどほら、夫婦関係って言うの?あれも少なくなってるし。。。」
友人は「え?オタクまだあるの?」とソッチの方にびっくりされ、こっちは本気で心配しているのに反対にからかわれる始末。
「アナタに話して損したわ!」
そう不貞腐れた私に友人は「ごめんごめん」と謝った後「ねぇ、鈴木さんの奥さん知ってるでしょ?」と話し始めました。
「その鈴木さんのダンナさん、浮気してたんですって。まぁ、カッコイイからね、あのダンナさん。」
「どうせウチのダンナはカッコよくありませんよ!」私はまだブスくれています。
「まぁ、お聞きなさいって」

鈴木さんはとうとう、探偵に依頼したのだそうです。
日曜日のパート中に何かあったらと家の中にも盗聴器を仕掛けてもらい、ダンナさんの素行調査もお願いしたのだそうです。
「ほら、あの京町にあるコンビニの川向にあるでしょうが、探偵事務所。」
たしかにそんなのがありました。
「離婚の時にも有利になるし、早く不倫を見つけておけば深みにハマる前に手が打てるし」
友人の言うことも一理あります。
ウチのダンナはお人好しですから、相手に騙されている可能性だってあるのです。

「早めの対処!」それを考え私は探偵事務所を訪ねました。
素行調査も依頼しましたが、私はダンナが家で一人で過ごしているときも心配があります。
ダンナにはあまりお小遣いをあげていません。
ホテル代だって出せないはずです。
であれば実家に私が帰っているときの家がアブナイ!
「盗聴器って家の中に付けること出来るんですよね。」そう訊きました。
「出来ますよ。」
探偵さんはそう言って「それではその設置も含めた概算をお知らせします。」そうおっしゃいました。
金額も「これで不倫を止められるなら安いもの!」と思える金額でした。
怪しい日にちはダンナが休みの日曜日。
私が実家に帰るとしても日曜日です。
明日はパートが休みで平日ですから、とりあえず盗聴器を家に設置していただくことにしました。

 

婚約者の彼の事2【未来への決断】

2週間ほど経ち、興信所から頂いた調査報告書は、私にとって辛すぎるものでした。
彼は浮気をしていたのです。
調査報告書には、その決定的な彼の姿がありました。
母は「別れなさい」といいますが、父は「お前が決めることだ」と言います。
かなり年上の女性で、ご主人もいるし子供までいる人でした。
不倫なのです。
私はその人に会うことにしました。
「お前がこれ以上傷つくのは見たくないの。婚約破棄は母さんたちで何とかするから。。。」
そういう母を制し父は「好きにしなさい。自分が納得いくようにするが良い。」と送り出してくれました。
「心配するな、後はどうとでもなる。」という父の声。
それでもその時点で私はその女性に「彼と別れてください」と言おうと思っていたです。

 

SemenSPY® ORIGINAL 浮気調査(精液検査)キット

SemenSPY® ORIGINAL 浮気調査(精液検査)キット

 

 

彼女を呼び出し、カフェで話をしました。
私の目が意地悪なのかもしれませんが、あまり美しくもなくどことなく下品な感じがするその人に嫌悪を覚えました。
「彼、あなたのこと面白味がないっていってたわよ。」
彼女は薄ら笑いのような皮肉な笑みで私にそう言いました。
「結婚するっていうのは知ってたけど、彼、私と別れるつもりはないみたい。
私がイイって言ってたわ。」
赤い色に塗られた口元が動くのを、ぼんやり見ていました。
ガラガラと何かが崩れていきます。。。
相手の女性の電話が鳴って彼女は出ると「今、婚約者が一緒よ。」そう言って電話を私に差し出しました。
それを私は受け取り「はい」と声を出すと「なんで!。。。。」電話の向こうの彼が絶句しました。

どうやって実家まで辿り着いたのか覚えていません。
私はそのまま熱を出し、4日間ほど会社も休み実家で床についていました。
何度か玄関で「帰りなさい!」と父が怒鳴る声が聞こえました。
彼が家まで来ていたのでしょう、
母はただ静かに私のそばに付いて、看病をしてくれていました。

婚約破棄をし、父は私のために弁護士を通じ、彼からある程度の額のお金を取り上げてくれました。
お金などいらないと思いましたが「何かしらの痛みは相手も負うべきだ。」という父の言葉に、私は納得しました。
その時にも興信所の調査結果は、とても役に立ったようです。
私は会社を辞め、そのお金で習得したいと思っていたスペイン語の学校に通いました。
日常会話の能力を身につけた後、私はそのお金を持ってスペインに留学。
男性恐怖症は、抱えたままでした。

その留学先で知り合った同じ留学生の男性と、私は恋に落ちました。
彼には「メキシコで、ボクシングのコーチングを学びたい」という夢がありました。
彼の不器用なひたむきさは、私の頑なになっていた心を少しずつ溶かしていってくれました。
いつの間にかその彼の夢が私の夢になっていったのです。

以前の婚約破棄がこの事につながる道の途中だったのだなと、今は思えています。
あのまま何も知らずに結婚をしなくて良かったのです。

婚約者の彼の事【何かがおかしい】

テレビで「浮気防止アプリ」などが紹介されていたのですが、それを彼のスマホに付けようとするとスマホは私が触れないようにしてありました。
セキュリティっていうんですか?どうもそれをしているようです。
その番組で以前「浮気がバレないようにする方法」などもしていましたから、当然そんな対策も男性側はするでしょう。
「でもそんな事するっておかしくない???」
疑わしい!私はそう思いました。


結婚式の日取りも決まっています。
それなのに浮気なんかするかしら。。。とも思います。
いくら男は浮気性といっても、そこまでデリカシーがない人なのかしら、この人。
「なんで私が見れないようにしてるの?」と訊いてみようかな?とも考えましたが、それこそ結婚する前から人の電話を覗くような女か!と言われそうで、それも訊けません。

 

過払い金返還請求をすることで

このWEBサイトに載せている弁護士は全体的に若いので、神経過敏になることもなく、楽な気持ちで相談していただければと思います。主として過払い返還請求であったり債務整理が専門です。
借入金の毎月の返済額を軽減することにより、多重債務で辛い目に遭っている人の再生を目指すという意味合いより、個人再生と言われているのです。
こちらに載っている弁護士事務所は、どのような人でも気楽に足を運ぶことができ、親身になって借金相談に乗ってもらえると人気を得ている事務所になります。
初期費用、ないしは弁護士報酬を懸念するより、何と言いましても自分の借金解決にがむしゃらになるべきでしょうね。債務整理の経験豊富な司法書士に委託することが大事です。
多重債務で苦しんでいるのなら、債務整理をやって、今日現在の借り入れ資金を縮減し、キャッシングに頼ることがなくても生きていけるように考え方を変えるしかないと思います。

迅速に借金問題を解決したいのではないですか?債務整理に関してのベースとなる知識と、「いち早く楽になりたい!」という熱意があるのであれば、あなたの助けとなる安心感のある弁護士や司法書士を見つけることができるはずです。
お金を貸した側は、債務者であったり経験の少ない弁護士などには、人を見下すような感じで交渉の場に姿を現しますから、何としてでも任意整理の実績がある弁護士にお願いすることが、望んでいる結果に繋がるでしょう。
テレビCMでも有名なおまとめローン系の方法で債務整理を行い、定期的に返済を続けていると、その返済の実績が評価されて、ローンを組むことが許されることもあります。
過払い金返還請求をすることで、返済額がダウンされたり、現金が返戻される可能性があります。過払い金が幾ら位返るのか、できるだけ早く探ってみてはどうですか?
債務整理をやった時は、それに関しては個人信用情報に記録として残ることになりますので、債務整理が済んだばかりの時は、従来とは別のクレジットカードを手に入れたいと思っても、審査に通るということは考えられないのです。

任意整理というものは、裁判を通さない「和解」だと言えますそのため、任意整理の対象とする借金の範囲を思うが儘に決められ、自家用車やバイクなどのローンを含めないこともできると教えられました。
平成21年に執り行われた裁判が後押しとなり、過払い金を取り戻すための返還請求が、借り入れた人の「まっとうな権利」であるとして、社会に周知されることになりました。
各自借りた貸付業者もバラバラですし、借り入れした期間や金利もまちまちです。借金問題を確実に解決するためには、一人一人の状況にちょうど良い債務整理の仕方を採用することが最も大切です。
借金返済であったり多重債務で参っている人限定の情報サイトとなっています。任意整理とか債務整理のやり方は言うまでもなく、借金に関する多彩な最注目テーマを取りまとめています。
債務整理をしますと、その事実が信用情報に記録され、審査の場合には知られてしまうので、キャッシングであったりカードローンなども、どんな手を使っても審査にパスすることは難しいと思われます。

尽きることのない催促に困惑しているといった状況でも

なかなか債務整理をする踏ん切りをつけられないとしても、それは致し方ないことだと思ってください。ではありますが、債務整理は借金問題を片付けるうえで、何と言いましても素晴らしい方法だと言って間違いありません。
悪徳貸金業者から、非合法的な利息を支払うように脅されて、それをずっと返済していたという人が、支払う必要がなかった利息を返してもらうために行う手続きのことを、過払い金返還請求手続きと呼んでいます。
債務整理後にキャッシングは言うまでもなく、新たな借り入れをすることは許可されないとする決まりごとは存在しません。なのに借り入れが不可能なのは、「融資してもらえない」からというわけです。
任意整理というものは、裁判なしの「和解」なのですなので、任意整理の対象とする借金の範囲を思うが儘に決定可能で、仕事で使うマイカーのローンを含めないこともできなくはないです。
債務整理が敢行された金融業者は、5年という期間が過ぎても、事故記録を継続的に取り置きますので、あなたが債務整理をした金融業者においては、ローンは組めないと自覚しておいた方が賢明だと思います。

このWEBサイトは、借金問題で辛い目に遭っているみなさんに、債務整理に関わる価値のある情報をお教えして、できるだけ早急に再スタートが切れるようになれば嬉しいと思い一般公開しました。
初期費用や弁護士報酬を案じるより、何より自身の借金解決に全力を挙げるべきです。債務整理の実績豊富な法律家に依頼する方が間違いありません。
債務整理に関連した質問の中でその数がダントツなのが、「債務整理終了後、クレジットカードの発行は可能なのが?住宅ローンを頼むことはできるのか?キャッシングは可能なのか?」です。
信用情報への登録に関しては、自己破産あるいは個人再生をした場合に登録されるのではなく、ローンや借入金の返済が遅くなっている時点で、完璧に登録されていると言って間違いありません。
消費者金融債務整理というものは、自ら資金を借り受けた債務者に加えて、保証人になったせいでお金を返していた人に対しても、対象になると聞いています。

連帯保証人としてサインをしてしまうと、債務から逃れることは不可能です。すなわち、債務者本人が裁判所から自己破産を認定されたとしても、連帯保証人の債務まで免除されるというわけではないのです。
尽きることのない催促に困惑しているといった状況でも、債務整理を専門とする弁護士事務所に委託すれば、借金解決までがスピーディーですから、瞬く間に借金に窮している実態から抜け出せるわけです。
WEBサイトのFAQコーナーを確認すると、債務整理途中だけれどクレジットカードを新規に持てたという記述に目が行くことがありますが、この件につきましてはカード会社毎に違うというのが正しいと思います。
しっかりと借金解決を願っているのであれば、何よりも専門分野の人と会う機会を作ることが大切です。専門分野の人なら誰でもOKというわけではなく、債務整理の実績が豊富な弁護士だったり司法書士に話を持って行くことが重要です。
お分かりかと思いますが、金銭消費貸借契約書などは絶対に準備しておいてください。司法書士、ないしは弁護士に会う前に、着実に準備しておけば、借金相談も調子良く進むはずです。